• ホーム
  • つけまつ毛の正しい付け方と保管方法|使いまわしはあり?なし?

つけまつ毛の正しい付け方と保管方法|使いまわしはあり?なし?

2020年02月05日
きれいな目を持っている女性

まつ毛が短い間はつけまつ毛を付けるという方も少なくありません。その付け方次第で印象が大きく変わるので、正しい付け方を知っておくことが大切です。

つけまつ毛を付ける前にはまず長さを調整しておく必要があります。販売されている状態の長さが自分の目にあっているとは限りません。それゆえに必要に応じてカットすることが重要となります。また、端のとがっている部分の角を切り落としておくと目頭に刺さることを防ぐことが出来ます。カットが終わったら柔らかくしておきます。つけまつ毛は台座に貼られている状態で売っていることが多いですが、その時のテープによってクセがついていることがあります。このクセが付いている状態で装着すると取れやすくなるので、柔らかくほぐしておくことが大切です。

そこまでの準備が完了したらつけまつ毛にグルーを付けていきます。もちろん専用のものを使うようにしましょう。グルーを塗り過ぎるとくっつくまでに時間がかかり、結果的にずれる要因にもなり得ます。それゆえに薄く塗ることが大切です。芯の部分がグルーで隠れるくらいに塗るのがポイントとなります。塗り終わってもすぐには装着しません。しばらく置いておくとグルーが半透明になるので、そこまで待ってから塗り始めていきます。

装着するときは目の中央部分から乗せていく必要があります。中央部分についているグルーが自分のまつ毛の上の部分に来るように出来れば、上手くつけやすくなります。目は軽く開けた状態で行いましょう。中央に乗ったら目頭と目じりの部分のカーブに合わせて乗せていきますが、その時に一方向だけ見ているとずれてしまうことがあります。そのため、鏡などを使って上下左右を確認しながらつけることが大切です。まつ毛の上につけまつ毛を付けたら、自まつ毛とつけまつ毛の根元部分を指で挟みます。こうすることによって、まつ毛同士がなじみやすくなります。

つけまつ毛は商品の品質にもよりますが、基本的に使いまわし可能となっています。その時の保管方法は非常に重要となります。つけまつ毛は保管する前にまず洗います。汚れや接着剤などを完全に取り除く必要があります。水やぬるま湯で溶かしていくと取り除きやすいです。洗えたら専用のケースで保管します。ケースの中に雑菌が発生しないように定期的にケースも洗うことが有効となります。つけまつ毛は付け方も保管方法もシンプルですが、毎回正しい方法確実に実践することが重要です。専用のケースを持っていない場合は、プチプラショップなどで購入することも出来ます。